マッシモのMGノート

ホーム >  マッシモのMGノート

MGはなぜ立ってやるの

 

Qアップの5原則の最後に「気合い!」とあります

経営科学の追及を謳うMGになぜ「気合い」なのでしょう?

気合いを入れればなんでも売れるのでしょうか?

 

いくら良い商品・サービスがあっても最後の決め手は買うひとの気持ちです


「Qは人心」なのです

日頃から顧客とのあいだに信用ある関係を築くこと
それがあれば価格が他店より高くても自社の商品を買っていただけるのでは
ないのでしょうか?

感謝や情念を込めてお買い上げいただく
それが気合いをいれる意味だと思います

気合いを入れるには立っておなかに力を入れないと元気な声は出ません

だからMGは立ってやります

ふたつめの理由はマーケット全体と競合他社を見渡すためです
MGでいう、全体を見る・全体観を養うということです

景気の潮目の変化を読み取ったり、感じたりすること、すなわち大局観や洞察力を涵養
するためには全体を常に意識することです

最後は作業効率の観点からです

経営はスピードです   よどみのない迅速な意思決定を経営者は常に強いられます
その鍛錬のためにMGはタイムアップ制を採っています

意思決定のスピードを上げて、作業効率を上げるには立ち作業が一番なのです
そして行数を稼ぐために自然と立ってゲームをするようになっていったのではないでしょうか?

※まとめ※

MGを立ってやる意味...

1. 元気な声を出す
2. 全体を見る
3. 作業効率・スピード

合同会社3M経営 お問合せお見積りはこちら 福本貴子プロフィール マッシモのMGノート お知らせ・セミナー情報
ページの先頭に戻る