マッシモのMGノート数字への理解

ホーム >  マッシモのMGノート 数字への理解

決算書 試算表の構造その2

 

先日ならMGを開催しました。その際に参加者の皆さんとお話しをしていてやはり会計の5要素が
難しいと感じました。逆に言えば、これが分かれば会計の理解も進むと確信。

前回では、決算書を理解する上で次の5要素を覚えようと書きました。
今回は図で覚えてきます。

資産、負債、資本は、貸借対照表に集約されてきます。(左側の図です) 収益、費用は、損益計算書に集約されてきます。(右側の図です)

仕訳とは、取引を右と左に分ける作業です。もっというと原因と結果に分ける作業です。

 

例えば、現金で10,000円商品を売り上げた。
(仕訳)借方:現金10,000 / 貸方:売上10,000 こんなふうに、右と左に分けていきます。その際のルールが
上の図にある5つの要素が書いてある方にあれば、(+)プラス、反対側にあれば(-)マイナスとして
集計することになります。たったこれだけです。

現金が増えれば左に現金を書く、現金が減れば左に書く その相手はなにかな?と考えるとわかりやすいですね。

このルールにそって、会社のお金の動く活動を分けて(仕訳)集計したものが 試算表、その試算表を2つに分けてBSとPLが作られることになります。 まず、このカタチを覚えていきましょう!

*数字が苦手な人向け マネジメント研修 毎月開催中*

合同会社3M経営 お問合せお見積りはこちら 福本貴子プロフィール マッシモのMGノート お知らせ・セミナー情報
ページの先頭に戻る