従来のサービスへの不満

ホーム >  従来のサービスへの不満

税理士が確定申告時期、決算時期しか来ない。.

A.まずは、顧問税理士に来て欲しい旨をお伝えください。それでも、意見が合わない場合はお互いの求めているものが違うのかもしれませんね。税理士事務所はたくさんありますし特徴もありますので、一度探されるのをおすすめします。

話しにくい、相談できない。先代からの税理士で話がかみ合わない。

A.一度、正直にお話されるのが良いと思います。それでも、どうしても合わない場合、お互いにとってよくありませんので 一度他の税理士事務所を探されるのをおすすめします。

決算をしてみるまで税金が分からない。

A.決算をするまで税金が分からない場合、会計処理を見直す必要があります。その場合、お客様自身でしていただく仕事が増えると思います。しかし、日々の粗利(MQ)を管理することは経営するうえで非常に大切なことです。 経営者自身の、意思決定が問われます。

記帳代行だけのサービス。

A.どういったサービスをしていただきたいのか、まずは顧問税理士とご相談するのをおすすめします。 その中で、どういったサービスをしてもらいたいのか、どういったサービスができるのか?できないのであればどうするのか? 素直にお話されるのが良いですね。それから、どうするのか考えてみましょう。

将来の意思決定を相談したい。

A.税理士に頼んでいるがあくまで税務署のためや金融機関からの借り入れのためである。(義務でしているだけ) ような場合、一度MG研修を受けられてはいかがでしょうか?基本的には毎月第2水曜日に実施しています。 MG研修とは、ゲーム形式で各自が会社の経営をやります。その後すぐに決算も行います。そうすることで自分の意思決定が どうだったのか数字にどういった影響を及ぼすのか?体感することができます。

社長が肌で感じている儲けと決算書の儲けにひらきがある。

お金の動きが分からない。

A.会計を勉強してもお金の動きはなかなか分かるものではありません。このような場合もMG研修を受けられてはいかがでしょうか?基本的には毎月第2水曜日に実施しています。

会社の現状をもっと数字で分かりたい。

税理士に頼んでいるが相変わらず決算書は分からない。

A.決算書は複雑怪奇な書類です。しかし会社の成績表でもあります。そのため経営者の皆さんは何とか分かろうとするのですがなかなか簡単に分かるものではありません。そこでいきた会計を学ぶMG研修をおすすめしています。

数字が苦手で明確な数値目標が持てない。

A.長期的な計画をたてて経営を実践することは非常に重要です。会社の活動は簿記という手段で作成された決算書で表されます。しかしこの決算書、誰もがわかるものではないことが問題なんですね。そこで、一緒に利益計画をたてれるようにする サービスを行っています。

将来どうしたらよいか一緒に考えてほしい。

A.将来どうしたいのか?を決めることはできません。それを決めるのは経営者だからです。しかし、どういった思いを持っているのか一緒に考えることはできると思います。また会社の中にその答えはあるのかもしれません。 現状把握→将来どうするのか?一緒にやってみましょう。

新規に会社を立ち上げた。法人なので手続きが良く分からない。

A. まず、期間が決まっているものに対して処理が必要です。次に、記帳など毎日の会社の活動をつけていく必要があります。そして、将来の計画をたてなければなりません。 

調査が入った!今までの税理士に頼んでいなかったが...

やはり専門的なことがわからないので頼もうと思った。

A.一度ご連絡ください。お話をお伺いする場合は無料です。現況の状況を教えてください。

そもそもどういったことを依頼できるのか良くわかならい。

A.一度ご連絡ください。お話をお伺いする場合は無料です。

申告をしないといけないが、どうしたら良いのか分からない。

A.一度ご連絡ください。お話をお伺いする場合は無料です。

合同会社3M経営 お問合せお見積りはこちら 福本貴子プロフィール マッシモのMGノート お知らせ・セミナー情報
ページの先頭に戻る